最初は反対派でした。本はやっぱり紙でないとイヤだ。画面を見て読むなんておかしい。何か違う気がすると思って避けていました。電子書籍というものが出た時、これはどうなんだろうかと思っていました。 しかし、一度使ってみるとすごく便利でいいと思うようになりました。最初はスマートフォンのアプリを使って本を読んでいました。画面で読むのはどうだと思っていましたが、読み始めると対して気になりません。 文庫本ならともかく単行本は重くかさばったりもします。そのような重くかさばる本を持ち運ぶ必要もなく、すごくラクです。 そして後日、専用のタブレットを買いました。さすが、読書専用のタブレットです。スマートフォンで読むよりも画面が見やすくて使いやすいです。 今では薄く小さなタブレットの中に何十冊もの本が入っています。いつでもどこでも読みたくなった本をすぐに読むことが出来ます。急に違う本を読みたくなっても困りません。すごく便利で以前よりも読書をする機会が増えました。