キャッシングカードを所有していますが、利息が高いように感じていて銀行に問い合わせしてみたのですがお客様は無担保なのだからこの金利契約になりますなどと告げられたのです。担保がないキャッシングカードとは如何様な意味ですか。こういう疑問点にご回答したいと思います。担保というものがあるという意味はどんなありさまに対する事を示すのでしょう。カードキャッシングなどの際使用目的が自由となってるカードローンで担保契約をしていない場合というようなものがたいていでありそのようなことを無担保カードキャッシングなどと呼びます。あべこべに住宅ローン等というようなものは購入するものは決定してますので、購入した物に対して抵当を設定していきます。こうしたものが有担保借入というように呼称されるのです。有担保借入についての強みというものは抵当が有る分の利子が低い数値に置かれている点です。ではカードローンに担保というものを設定しまして、利子に関して低い数値にする方が徳であると希望するかもしれませんが、ついつい引き落し不可能jになってきてしまった時は担保物件を押さえられてしまうことになるので、そのような無為な事をしたい方はいないと思います。実のところ担保などを契約設定できるカードキャッシングといったものもあるのですけれどもせっかく自身の信用度のみで借入できるわけですから、多少の利子の額ぐらいは目をつぶろうと言うのが通常なことです。次に月給取りのような所得の一定のひとは与信といったものも高くことさら担保などを設定せずともカードを発行する事というものが出来、個人事業主の場合ですと所得というものが一定してないから担保の設定を求められる事例が存在します。企業といったものは貸し出したというだけでは儲けが上がらないのです。利息取立てした後初めて利益を計上するのですから当然な要請だったりします。それ故無担保であったとしても借りてしまえる信用度というのが存するということはけっこう大きい価値というのがあったりします。