実際にコンピュータの画面の前に座り、つねに上がったり下がったりしている相場を見ていると何となく売り買いをしなくてはいられないという感情に駆られる人も少なくないと思います。しかし、あやふやな衝動で注文するのだけは、断じてしてはいけません。ご覧の通り、外国為替市場は四六時中、いかなる時でもどこかの国で為替市場はやっているし為替レートもどういう時でも上がったり下がったりします。とは言っても、エントリーを積み重ねると、その回数分だけ損失が生じる危険性が高くなってしまいます。確かに取引の回数を経験することによって次第に稼げる確率か50%、50%になるのは事実。けれどもその事実は「ぼんやりとした直感で売り買い」とは話が違います。トレード回数を重ねるという意味は、自分で「ここで勝負」と考えるチャンスを持ったところでのエントリー回数を増やすという事を言っています。理由がなく、売買を重ねるのとは異なります。為替相場の勝負に敗北しないためには自分が深く考えてけじめをつけることが不可欠です。「ここは!」とよく考えた相場の時にはいっそ持っているポジションを多くして意識して利益を追求する。「かなり分かりにくい相場で、どう上げ下げするのか読めないな」と思案した時は、思い切って所持ポジションを見切りをつけて何もしない。このぐらいのメリハリをつける方が注文は成功します。市場の名言には「休むも相場」というものがあります。本当にその通りです。外国為替相場とは売買ポジションを持っていることがすべてではなく何も保有せず何もしないことも時には、取引です。それならば、どういう時に休みどきなのでしょうか。ひとつは、先に述べたように、最近の為替相場が今ひとつよく見えない時。現状からドル高になるのか、ドル安になるのかが明確でない時は、何も考えず行動すると、自分の思い描いた筋書きとは違った方向にマーケットが変化してしまい損をする事になります。こうした場合はポジションを無くして何もしないで様子を見ているのが最良の選択です。もうひとつの場面は、自分自身の健康状態がすぐれない時です。体の具合と相場につながりがない感じる方もいると思いますが意外と関係あります。コンディションが思わしくなければ、為替相場の肝心なところで、必要不可欠な判断を下すことが出来ない場合が多くなります。関心がわかない時は、市場から離れてみるのも大事なことだ。