外為取引(FX)の対象は各国それぞれの公式貨幣なのです。通貨について勉学に打ち込んでいこうと思います。・通貨には「基軸通貨」という呼び方でよばれているものが存在します。基軸通貨というのは、国際間の決済に関してや金融の取引において使われる通貨のことを言いますが、現時点はアメリカ合衆国ドルになります。当時はスターリング・ポンドが基軸通貨でしたが、第二次世界大戦が終わった後$(アメリカドル)ドル(アメリカドル)なるに至ります。・FXで売買されている流通通貨の種類に際しては、他で言うところの外貨の投資に比べてみるとかなり多数というのが特徴というのがあります。FX専門業者によって、公式貨幣の種類においては、変わってますが、普通では20種類前後の模様です。流動性が高い流通通貨をメジャー通貨と言います。変動が高いという意味は、取引きが多く行われているという事を示していて貨幣の売買がしやすいのです。重要な通貨には上記において基軸通貨と称されるアメリカ合衆国ドルに、日本の円、ユーロの3種があり、世界の3大通貨表されております。英ポンド、豪ドル、カナダドルなどが準メジャー通貨と称されております。これらの通貨以外の動きが少ない通貨に関してはマイナー通貨と呼ばれ、国力や経済に関するパワーが乏しい国での公式貨幣で、南アフリカランドやシンガポールドル、メキシコペソなどがメジャー通貨においては行き渡りされているレベルが多量ですから値の高安が横ばいで情報の量も多いようです。マイナー通貨に関しては、利息の面で高い通貨であるの多いので、値の乱調がすごいみたいです。価格の起伏が大きいという事について大きな利益を得する好機があるのですが、チャンスがあるだけリスクの恐れも大きくて不安定事があります。その上変動性が低い公式通貨なので決済を望む時でも終了決定が及ばない状態になり得る事があるのです。何の通貨を選び出すのかは、個別の公式通貨の特性を注意深く吟味してから行動を起こす事は大事であるのではないかと考える事ができます。