「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は二国間の通貨をトレードして収益を生み出す商品です。売買の注文の価格はいつも上がったり下がったりします。それがレートです。テレビのニュースをみていると、外貨の為替レートの話題が流れます。見かけるのが、「本日のドル円相場は80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。これは80円50銭から80円52銭の間で売買されているという事を表しているのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを表示しています。買いと売りの2つの価格が存在している事を表しています。売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表示している取引業者もあります。いつもは売値が安い価格に設定されるものです。投資家が買値は高く、売値は安くなっています。その差をスプレッドといい取引会社の利益の1つになっています。スプレッドはFX会社によって変化します。スプレッド幅はみなさんにとってコストになるので、低いFX取引会社をピックアップするほうが得します。ただ、同じ業者でも場面によってスプレッドの幅は広くなったり狭くなったりします。仮定として平常時はドル円の通貨ペアでわずか1銭のスプレッドの差だったとしても、為替相場の上下が大きい状態では3銭、4銭になる事があります。という事で、スプレッドの広さが狭いのと同じくらい安定しているということが大事です。近頃では変化しないスプレッドを表示する業者もいろいろあります。現実に取引業者の取引画面上で実際の為替レートを調べなければ判断できないのでやっかいですが、肝心な事です。重要な投資資金を投じて注文するのだからエントリーの前に魅力的に思えた取引会社の新規取引口座開設を全てして示されているスプレッドの広さをチェックしましょう。同じ通貨でも、ボラティリティによって外貨のスプレッドの差は変わります。たいがい、インターバンク市場で取引量の多い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドの広さが小さく、残りの通貨では大きくなるのが普通です。